くまごろーがペットの消臭スプレーやキャットフード、ドッグフードの選び方を徹底解説!

くまごろーとゆかいな猫や犬の仲間たち

猫に安全なキャットフードの選び方!オススメや人気ランキング、成分比較について


「猫を飼い始めたけどキャットフードの選び方が分からない」
「猫の健康面や安全性を考えるとどんなキャットフードがいいの?」

猫の健康面を考えるとちゃんと栄養があって安全なキャットフードを選んで長生きして欲しいです。またキャットフードは健康面だけでなく猫自体の匂いやうんちの状態も大きく変わります。それぐらいキャットフードの影響は大きいのです。

でも普段飼い猫にはどんなフードを与えていますか。ドライフードやウエットフード、スープなど種類があります。選ぶ基準はできれば飼い猫の体に良いフードをあげたいけれど、何を基準に選んだら良いのか分からないですよね。

国産、海外、市販、通販、高級、安い、評判がいい、悪い・・。調べれば調べるほど分からなくなります。

しかし猫は自分でエサを選べませんから、飼い主が選ぶしかありません。

猫のフードの悩みはつきず、フードを変えたら猫の体臭がきつくなったり、下痢をしてしまったり。匂いは少ないけど全く食べてくれないなど、好みのフードを選ぶのも一苦労です。

今回キャットフードを選ぶ基準とオススメのキャットフードの説明をしますね。

キャットフードを選ぶ基準。健康面でこういうエサはNG!

  • 原材料に「4Dミート(病気感染や死亡した家畜の肉)」や「ミートミール」「肉の副産物(家畜副産物、人間が食べられない部位で本来なら捨てられる骨、頭、くちばし、羽など)」「家禽ミール」を使っている
  • 香料や保存料など添加物を使用している
  • 原材料に「穀物」を使用している

原材料にチキン肉、乾燥チキンなど一目で何の肉か分かることが大事です。「4Dミート」や「ミートミール」「肉の副産物」「家禽ミール」など一見何の肉か分からないような記載の場合、人間が食べられるレベルの肉でない粗悪品の可能性が高いです。

粗悪品でも肉を使っているならまだいいのですが、動物の内臓や血液だけを使い肉を使ってない製品もあります。当然品質の悪いエサを食べている猫は健康面はもちろん、体臭が臭くなったり、毛並みが悪くなったりします。

例えば「4Dミート」は以下の意味です。

  • Dead(死がい)
  • Diseased(病気の)
  • Dying(死にかけの)
  • Disabled(障害のある)

・・どうでしょう。自分が食事をする時にこういうお肉を食べますか?

他にも猫は食事の際に視覚より嗅覚を働かせて食べ物を選んでいます。猫は狩猟動物なので野生の名残でエサが腐っていないか嗅覚でチェックしているのです。

粗悪品は良質な肉の匂いはもちろんしません。しかし猫が食べないと商品にならないため、食いつきをよくするためだけに香料を多く入れたり、保存料も入れたりします。

もちろん猫にとって人口添加物や合成保存料は不要です。当然品質は更に悪くなり猫の健康面を害したり体臭が臭くなる原因となります。

猫は肉食動物のため元々野菜や穀物は必要ありません。猫の身体は穀物の消化が苦手のため、含まれていると胃腸に負担がかかってしまいます。

結果、便秘や下痢などの症状になりやすく、便が臭くなってしまうのです。ただキャットフードを安価に作るためだけにかさ増しとして穀物を入れるケースがあるのです。

キャットフードは安いものから高いものまで種類があります。もちろん値段の安いものは購入しやすいですが、その分原材料のランクが落ちているものも。

本当に猫の事を考えるなら「単に安い」だけで選ぶべきではありません。もちろん国産で市販で単にCMをよくやっていて有名だから大丈夫そう!なんてこともありません。CMの評判とキャットフードの安全性は全然関係ないのです。

実は日本より海外(特にヨーロッパなど)の方が安全性の基準値が厳しく、使用不可の成分が多かったりします。

安全性の高い良質なキャットフードを選ぶポイント!

逆にどういう基準で選ぶかというと、NG例の逆を選ぶのです。

  • 原材料の表示を見てハッキリと何の肉か分かるもの
  • 穀物を使用していない(少ない)
  • 余計な添加物を入れていない

しっかりした良いキャットフードは原材料がハッキリと明記されています。例えば「チキン」「サーモン」「七面鳥」などですね。

また猫は穀物が不要なので入ってないものを選ぶ・・のが理想ですが、そもそもなぜ不要な穀物を入れているかというと原材料のコストダウンのためです。多くのものはいくらか入っているので少ないものを選びましょう。

内容量にパーセント表示があれば分かりやすいですが、表示されてないものも多いです。なので原材料の「表示順」を見ましょう。

原材料は多いものから順に表記しなければいけない、というルールがあります。なので穀物が1番上に書かれているものは使用量が多い、逆に1番最後なら使用量は少ないと判断できます。

また最近では「グレインフリー」のキャットフードも販売されています。グレインフリーとは穀物を一切使ってない良質なフードです。

いくつかのメーカーから出ていて、だいたい平均して1キロ2,000円前後の商品が多いですが、猫の体にはとても良く品質も良いので、便や口臭を最小限に抑えることができます。

グレインフリーの中で評判が良いのが「カナガン」や「オリジンキャットフード」です。このあたりのフードだと、人間でも食べられるレベルの食品を使っていますから安心して与えることができますし、臭いもほとんど気にならなくなるでしょう。

猫はもともと体臭の少ない動物ですが、こういった食べ物からも体臭は変わってきます。
良いキャットフードはお値段も張りますが、でも匂いの軽減にもなりますし、猫の体にも良いのでできるだけ良質なフードを選んであげたいですね。

安全性の高いオススメのキャットフード

モグニャン

モグニャンキャットフード

モグニャンは、グレインフリーのキャットフードの中でもタンパク質の量を控えめにしたキャットフードです。他のグレインフリーのキャットフードはチキンなどの肉を主原料としていますがモグニャンは白身魚を一番多く含んでいます。

グレインフリーは高カロリー、高タンパクなので高齢の猫の腎臓への負担が気になるのが悩みです。7才以下の若い猫は高タンパクでいいのですが高齢になるとそこまでタンパク質を必要としません。

モグニャンは腎臓病を気にする高齢の猫にオススメです。

またオメガ3やオメガ6脂肪酸も多く含み、人工添加物なしと猫の健康面の配慮がかなりされています。

オススメ度!   
  1. 魚由来なのでグレインフリー製品の中でもタンパク質控えめでシニア猫向け
  2. 小粒、ドライフードなのに柔らかいため幼い猫高齢でも食べやすい
  3. 若い猫は高タンパクで良いのでカナガンなどの肉由来のグレインフリーの方がいいかも

カナガン

カナガンキャットフード

カナガンは、グレインフリーかつ原材料に全て人間が食べられる高品質な食材を使用したキャットフードです。従来のキャットフードによく入っている穀物。実は猫は穀物の消化が苦手なんです。さらに皮膚トラブルやアレルギーを引き起こす原因と考えられています。

そんな猫のためにグレインフリー(穀物0)にこだわっています

実際にカナガンを与えた猫は消化が良くなりうんちの状態が良くなり、色が薄くなりニオイが少なくなります。

本当に猫の健康面、安全面を考えたキャットフードがカナガンです

オススメ度!   
  1. 穀物0のグレインフリー、原材料もよく分からない素材はもちろん不使用。
  2. 完全肉食動物の猫に必要な良質なタンパク質、栄養を配合
  3. 食いつきが猫が残さず食べてくれる

キャットフードの品質・安全性と原材料の関係について

安全性の高いキャットフードを選ぶには必ずパッケージの裏面をの原材料表記をチェックしましょう。

通販などで安いからと言って激安の缶詰製品を選んではいけません。本来食品として使えないレベルの原材料を使った粗悪品の可能性があります。

人間が食べれないものは猫の健康に悪いです。人間でもオーガニック食品や自然食を好みますね。

「4Dミート」や「ミートミール」「肉の副産物」「家禽ミール」など不明なものでなく七面鳥など原材料表記がはっきりしているものを選びましょう。

単純に海外輸入品より国産がいい、このメーカーがいい、口コミ評判がいい、という情報を鵜呑みにせずきちんとパッケージ裏の原材料表記をチェックするクセをつけてください。

市販の安いキャットフードは安全性が低い?評判のいい国産なら大丈夫?

全部がダメ、という訳ではないです。ただそもそも市販のキャットフードはなぜあんなに安価なのか?不思議に思ったことはありませんか?

人が食べる肉や野菜で100円以下のものってほとんどないですよね。でも猫用のエサで100円以下で買える猫缶は多いです。その猫缶の原材料って何を使っていますか?

また猫缶でないとある市販の安め(1000円以下)のドライフードの成分を見ると

原材料・成分
穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)、肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス等)、豆類(脱脂大豆)、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、マグロエキス、カツオエキス、白身魚ミール等)、動物性油脂、ビール酵母、酵母エキス、野菜類(ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、着色料(二酸化チタン、赤色40号、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

値段を安くするために穀物を1番多く入れ、肉類も〇〇ミールとどの部位を使ったかわからない粗悪な原材料、キャットフードにそれいるの?と言った着色料。どう考えても安全とは言えないです。

市販の安いキャットフードが安全でない、とは言いませんが安いには安いなりの理由があります。なので必ず成分や原材料見て判断する必要があります。

同様に国産で評判がいいから、ではなくきちんと背面の成分表を見て判断しましょう。

キャットフードの種類について

キャットフードによってはシニア用や療法食、猫種別などバリエーションがあるものも。

病気持ちで獣医さんから指定があったり、肥満猫でダイエットの必要があるなら目的にあったキャットフードを選びましょう。

基本は〇〇用という表記は気にする必要はなく、原材料が粗悪でないか?と若い猫なら高タンパク、シニア猫(7歳あたり~)なら腎臓への負担を考え低たんぱくのキャットフードを選ぶようにすれば大丈夫です。

なお生後1年未満の子猫の場合は離乳食など特別なエサを与えて上げる必要があります。

キャットフードと猫の健康について

猫の健康状態によってはキャットフードを変えたほうがいい場合もあります。

  • 高齢の猫→大きく硬い粒のドライフードより小粒やウェットフードに変える
  • 肥満や高齢の猫→低カロリーや低たんぱくのものに変える
  • 歯にエサがついて大量に残る→ウェットフードをドライフードに変える

特に病気がちの猫は獣医さんに見てもらってキャットフードを選んでもらうことも大事です。

キャットフードと猫の相性、アレルギーについて

猫とキャットフードには相性があるため、全ての猫に合う完璧なキャットフードはありません。

高級なプレミアムフードでも食いつきが悪くなってしまうため、複数のキャットフードをローテーションさせる飼い主さんも多いです。

キャットフードを切り替える時は今までのエサに少しずつ新しい餌を混ぜるようにして、10日以上時間をかけて慣れさせることが大事です。

いきなりエサを変えると食べなくなってしまったり、アレルギーの問題もあるので徐々に慣らしてあげましょう。

猫に人間の食べ物を与えてもいいの?

基本与えないほうがいいです。

1つは人間は食べれても猫が中毒を起こす食べ物があるからです。

2つ目は人間用の食べ物では、猫が食べることが出来ても猫に必須の栄養素が取れない可能性があるからです。

例えばタウリンは生物が生きるのに必要な栄養素ですが、猫はタウリンを合成できません。人や犬は体内で合成できるのですが、猫はできないため、食事から取る必要があります。

なのでキャットフードには基本タウリンが含まれています。

人間用の食べ物では猫はタウリンを補給できず、成長、繁殖への影響や眼の障害(網膜萎縮)や、心臓の疾患(拡張型心筋症)などを引き起こす可能性があります。

そのため猫にはキャットフードを食べさせてあげるのが1番です。

オススメのキャットフード

モグニャン

モグニャンキャットフード

モグニャンは、グレインフリーのキャットフードの中でもタンパク質の量を控えめにしたキャットフードです。他のグレインフリーのキャットフードはチキンなどの肉を主原料としていますがモグニャンは白身魚を一番多く含んでいます。

グレインフリーは高カロリー、高タンパクなので高齢の猫の腎臓への負担が気になるのが悩みです。7才以下の若い猫は高タンパクでいいのですが高齢になるとそこまでタンパク質を必要としません。

モグニャンは腎臓病を気にする高齢の猫にオススメです。

またオメガ3やオメガ6脂肪酸も多く含み、人工添加物なしと猫の健康面の配慮がかなりされています。

オススメ度!   
  1. 魚由来なのでグレインフリー製品の中でもタンパク質控えめでシニア猫向け
  2. 小粒、ドライフードなのに柔らかいため幼い猫高齢でも食べやすい
  3. 若い猫は高タンパクで良いのでカナガンなどの肉由来のグレインフリーの方がいいかも

カナガン

カナガンキャットフード

カナガンは、グレインフリーかつ原材料に全て人間が食べられる高品質な食材を使用したキャットフードです。従来のキャットフードによく入っている穀物。実は猫は穀物の消化が苦手なんです。さらに皮膚トラブルやアレルギーを引き起こす原因と考えられています。

そんな猫のためにグレインフリー(穀物0)にこだわっています

実際にカナガンを与えた猫は消化が良くなりうんちの状態が良くなり、色が薄くなりニオイが少なくなります。

本当に猫の健康面、安全面を考えたキャットフードがカナガンです

オススメ度!   
  1. 穀物0のグレインフリー、原材料もよく分からない素材はもちろん不使用。
  2. 完全肉食動物の猫に必要な良質なタンパク質、栄養を配合
  3. 食いつきが猫が残さず食べてくれる

ペットに安心・安全で効果のある除菌・消臭スプレーは?

「猫や犬のニオイが部屋中でするし服やカーテンについてしまう」
「ペットがマーキングしたり、トイレ以外でウンチをしたりする・・」
「友達が家に来ると「何か動物臭がするね」と言われた」

こんな経験はありませんか?ペットのニオイって強烈で簡単にはとれないですよね。

しかし、芳香剤を使うと余計に臭いが強くなったり、置くタイプの消臭剤だと広い範囲に対応できなかったりします

「全然ニオイが取れない」そういう時に役立つのがスプレータイプの消臭剤です。

「でも除菌・消臭スプレーってペットに安全なの?効果はあるの?どれがいいの?」よくわからないですよね。なのでペットにかかっても安全でホントにニオイがとれる除菌・消臭スプレーを解説します。

猫にとって本当に良いキャットフードの選び方は?

「キャットフードってたくさんあるけどどれが猫にとっていいの?」

こんな経験はありませんか?正直調べてもいろんな商品がありすぎてよくわからないですよね。

でも知ってますか?そもそも猫のエサにも良いものと悪いものがあることを。製品によってはありえない粗悪品を使った「エサ」と呼べないシロモノもあるんです。

しかし猫は自分でエサを選べませんから、飼い主が選ぶしかありません。

なのでそもそも猫にとって良いエサ、悪いエサを見分ける基準を説明します。これを見れば「良いエサと悪いエサを見分ける眼」が身につきますよ。

犬にとって本当に良いドッグフードの選び方は?

「ドッグフードってたくさんあるけどどれが犬にとっていいの?」

こんな経験はありませんか?正直調べてもいろんな商品がありすぎてよくわからないですよね。

でも知ってますか?そもそも犬のエサにも良いものと悪いものがあることを。製品によってはありえない粗悪品を使った「エサ」と呼べないシロモノもあるんです。

しかし犬は自分でエサを選べませんから、飼い主が選ぶしかありません。

なのでそもそも犬にとって良いエサ、悪いエサを見分ける基準を説明します。これを見れば「良いエサと悪いエサを見分ける眼」が身につきますよ。

更新日:

Copyright© くまごろーとゆかいな猫や犬の仲間たち , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.