くまごろーがペットの消臭スプレーやキャットフード、ドッグフードの選び方を徹底解説!

くまごろーとゆかいな猫や犬の仲間たち

キャットフード

【私がカナガンを選んだ理由】カナガンキャットフードの年齢、腎臓への負担への考え

投稿日:


「カナガンはどんなキャットフード?どんな猫に向いているの?」

カナガンはイギリス原産のキャットフードです。今注目されている「グレインフリー」の商品であり、穀物を使用していません。

猫は肉食であり、体に必要としているのはタンパク質であることから、主原料に肉を使っています。穀物は基本的に猫の体に良くないとされていますから、猫にとって必要な成分のみでつくられています。

カナガンは高タンパクで高カロリーなキャットフードです。そのため特に向いているのは、幼い猫や成長期の猫です。

多くのタンパク質を必要としている猫に向いており、健康な7歳までの猫にオススメです。

ですが、若い猫でも腎臓に不安がある場合や、7歳以上の猫には向いていません。高タンパク、高カロリーで脂質の量も多いので、これらの猫の場合だと泌尿器系も悪くする可能性があります。

カナガンを食べると便の状態は良くなる?

猫の便の状態は、良質なたんぱく質が含まれているかどうか、穀物が入っているかどうかに大きく左右されます。

カナガンの場合だとその両方を満たしていますから、便の臭いは少なく、硬くもなく、ちょうど良い柔らかさになりやすいです。

ただ便の状態で一つ気になるのは、カナガンは脂質が多く含まれていることから、便の状態がゆるく下痢となってしまうことがあるので注意してください。

猫の体質や年齢にもよりますが、緩くなる可能性があります。

便は猫の健康のパロメーターとも呼ばれるほど、その健康が分かりやすいものです。

下痢や便秘はそのままフードが合わないことと結びつきますから、気をつけてチェックしてあげてください。

下痢になるようなら脂質の少ないフードを混ぜるなどすれば、改善する場合もあります。

カナガンのバリエーションと原材料

現在カナガンのキャットフードのバリエーションは、ドラーフードとウエットフードの各1商品のみです。ドライフード、ウエットフード共に全猫用になっていて、全てのライフステージに適応しているとのことです。

価格はドライ1袋1.5kgで4,000円ほど、ウエットは75g×12缶で5,500円ほど、定期購入すれば10~20%の割引価格で購入できます。

ウエットタイプの味はチキン&サーモンで、ドライと同じように高タンパクでグレインフリーとなっています。

そして原材料ですが、その中で気になる成分を説明していきます。

まずは乾燥チキンと骨抜きチキンが合計60.5%含まれていてタンパク質は37%とやはり高タンパクだと言えます。

そしてサーモンオイル、ビタミンAが含まれていることから、猫の肌や毛並みが美しくなる効果があります。

そのサーモンオイルには、オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸が含まれているので、猫の関節や肌、毛並み、血流を良くする働きをしてくれます。

血流などは見た目ではわかりませんが、毛並みが良くなることに気付けるでしょう。

また、サツマイモが入っているので体重を増やしすぎない、便秘を抑える効果があります。オリゴ糖配合で、腸内にも優しくなっています。

悪い意味で気になるとするなら、リンが1.4%と高めなことでしょうか。しかし高タンパクであるならリンが多いことは当たり前なので、当然ともいえます。

猫に必ず必要な成分であるタウリンも入っていますし、原材料や成分を見る限り、やはりとてもバランスが良いです。人工添加物も不使用であり、保存料にはビタミンEを使っています。

ただその分、賞味期限は短く開封後3か月となっています。

実際にカナガンを使っている感想と選んだ理由

現在高齢の猫にカナガンを与えていますが、その年齢からカナガンだけでは栄養価が高すぎるため、他のフードを混ぜたりローテーションにしたりして与えています。

以前は他のグレインフリーを与えていましたが、混ぜている他のフードが低タンパクであること、高齢だが病気ではなく数値が安定していること、そして毎日走り回るので運動量が年齢のわりにかなり多いことから、カナガンでも問題ないと判断し与えています。
そして与えていたグレインフリーを食べなくなったのも理由です。

私は猫のフードは必ず自分で一度は食べてみるようにしていますが、カナガンはかなり味も濃く、臭いも強いです。

味のないジャーキーのような感じで、しっかりと風味がありますが、添加物のような味はしません。そして脂質がかなり多い印象でした。

猫の食いつきもかなり良く飽きもないようで、フードを何種類か混ぜ合わせた中でも、カナガンを最初に食べていますから、やはり猫好みの香りなのだと思います。

基本的には腎臓に負担の少ないフードで、足りないタンパク質をカナガンで補っているのですが、もしこの先、腎臓の数値が悪くなったり運動量が落ちたりすれば、カナガンは中止する予定です。

カナガンは全猫用、全ライフステージ用とのことですが、そんな食事は人間用も含めてあり得ないと個人的には思っています。病院食もメニューが違うように、抑えるべき成分と必要な成分は個々や症状で違います。

しかし総合的に見てとてもすぐれたキャットフードであるのは確かです。

栄養は申し分ないですし、悪い意味で気になる成分も入っていませんから、かなり安全で優秀だと言えます。

カナガンは若い猫に最適なキャットフードの一つです。

ペットに安心・安全で効果のある除菌・消臭スプレーは?

「猫や犬のニオイが部屋中でするし服やカーテンについてしまう」
「ペットがマーキングしたり、トイレ以外でウンチをしたりする・・」
「友達が家に来ると「何か動物臭がするね」と言われた」

こんな経験はありませんか?ペットのニオイって強烈で簡単にはとれないですよね。

しかし、芳香剤を使うと余計に臭いが強くなったり、置くタイプの消臭剤だと広い範囲に対応できなかったりします

「全然ニオイが取れない」そういう時に役立つのがスプレータイプの消臭剤です。

「でも除菌・消臭スプレーってペットに安全なの?効果はあるの?どれがいいの?」よくわからないですよね。なのでペットにかかっても安全でホントにニオイがとれる除菌・消臭スプレーを解説します。

猫にとって本当に良いキャットフードの選び方は?

「キャットフードってたくさんあるけどどれが猫にとっていいの?」

こんな経験はありませんか?正直調べてもいろんな商品がありすぎてよくわからないですよね。

でも知ってますか?そもそも猫のエサにも良いものと悪いものがあることを。製品によってはありえない粗悪品を使った「エサ」と呼べないシロモノもあるんです。

しかし猫は自分でエサを選べませんから、飼い主が選ぶしかありません。

なのでそもそも猫にとって良いエサ、悪いエサを見分ける基準を説明します。これを見れば「良いエサと悪いエサを見分ける眼」が身につきますよ。

犬にとって本当に良いドッグフードの選び方は?

「ドッグフードってたくさんあるけどどれが犬にとっていいの?」

こんな経験はありませんか?正直調べてもいろんな商品がありすぎてよくわからないですよね。

でも知ってますか?そもそも犬のエサにも良いものと悪いものがあることを。製品によってはありえない粗悪品を使った「エサ」と呼べないシロモノもあるんです。

しかし犬は自分でエサを選べませんから、飼い主が選ぶしかありません。

なのでそもそも犬にとって良いエサ、悪いエサを見分ける基準を説明します。これを見れば「良いエサと悪いエサを見分ける眼」が身につきますよ。

\ シェアしてください /

-キャットフード,

Copyright© くまごろーとゆかいな猫や犬の仲間たち , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.